ボチボチっと更新していこうと思います。


by momoka1975

フーリエの謎。

こんばんは。モモカ@ネイル乾かし中です。ずっと最近ネイルをサボってましたが、いや、お爪を休ませてあげてましたが、そろそろ復活。


で、タイトルの話。
フーリエの事を知ったのは、最近です。「FFT変換」なる言葉を良く耳にしたので調べてみると、おフランスのフーリエさんてヒトの存在がでてきました。
FFT変換とは、高速フーリエ変換のことで、英語ではFast Fourier Transformと言います。ただのフーリエ変換もあり、それは英語ではDiscrete Fourier Transformと言います。

FFT変換は、離散フーリエ変換の演算量を減らして高速に変換を行う方法。
離散的フーリエ変換とは、ディジタル化された信号の周波数成分(スペクトル)を計算するアルゴリズム。しかし、データ数Nが大きくなると演算に時間がかかる。
そもそもフーリエ変換とは、フーリエ積分を利用した、時間領域から周波数領域の変換公式のこと。フーリエ変換を行うことにより、解析したい音、振動の波形が、どのような周波数と振幅を持つ波形の合成で成り立っているかを知ること(スペクトル分析)ができる。このフーリエ変換をディジタルの世界に持ち込んだものを、離散的フーリエ変換という。
フーリエ積分とは、「すべての周期関数は、三角関数の和で記述できる」というフーリエ級数を、周期を無限大と考えて拡張し、すべての関数に用いることが出来るようにしたもの。。。


でね。ひとつ疑問があるんです。くっだらないことなんだけど。
FFTはFast Fourier Transformでしょ。Transformは「変換だから」、

Fast 高速
Fourier フーリエ
Transform 変換

なのですよね?
なのに短縮語になると「FFT変換」という。おかしくないですか?そのまま日本語でいうと、「高速フーリエ変換変換」、ですよ?????


どなたかこの謎の意味が分かる方、解説お願いします。
その前にアタシには、FFT変換の必要性がわかりませんが(爆)。ま、それは、わかんなくてもいいよね?
[PR]
by momoka1975 | 2004-11-24 00:05 | □数学&物理系