ボチボチっと更新していこうと思います。


by momoka1975

畳み込み(3) 畳み込み積分

えぇーと。何の話をしてたんでしたっけ。
畳み込み積分は、信号処理の基本である。で、信号処理とは何ぞや、について書いたのかな。

。。。そのようです。ま、ここまでについては以前の投稿をきちんと読んでくらはぃ。バリバリ文系なアタシが、難しい言葉を検索、検索して、理解しながら(理解してんのかぃな?)書いてます。文系の後輩ができたら、これを資料化して渡してあげます(目標)。本まで書いちゃうかもしれません(嘘)。なので、きっとそれなりにくだいて書いているつもりです。


おっと、いつものごとく、話、逸れましたが。
先に述べたような様々な信号処理の加工が「畳み込み積分」としてあらわされるそうです。そして、ここからちょっと意味不明なのですが、

 ・ 時間領域での畳み込みが、周波数領域での積になり 
 ・ 周波数領域での畳み込みが、時間領域での積になる

という対照的な関係を持っているのだそうです(重要らしぃ)。
周波数領域とか時間領域とかわかんないけど、とにかく対照的な関係を持っていることはわかった。ヨシ!(いいのか?)

ん?ちょっとまて。
「時間」と「周波数」って結構対で出てくるんだよね。「時間応答」と「周波数応答」とか。だから調べてみたんだけど、「時間領域」は波形で考えるということらしい。でもその逆の「周波数応答」は何のことを言うのだろう?棒かな? 丁度電話をくれた機械工学部出身の僕ちゃんに聞いたのだけど「それって機械の僕じゃわかんないよ、電気のヒトに聞いた方がいいんじゃないの?」って言われちゃった。エー、うちの会社では制御のヒトだってきっとわかってると思うのにぃ(かなり不満)。

ということで、「時間」と「周波数」の違いがわかりません(涙)。どなたか教えてください!(涙)


最後に「畳み込み」とは。←まとめになってないんだけど。
「複雑な信号が、信号処理によってどのように変化するか」を、「それぞれ短冊状のデルタ関数の定倍数に対する、システム応答」と重ね合わせることで表すと考えれば良い。そうだ。。。はにゃ? ウニ。
まぁ、そういうものがあるってことで!(完)


※ここに記述してあるものは、全て私の独自の解釈によって書かれたものであるので、正しいとは限りません。ご了承をば。
[PR]
by momoka1975 | 2004-11-13 21:44 | □数学&物理系